東区役所前

札幌市営地下鉄東豊線

東区役所まで221m(4番出口) 約3分30秒

【役所】フルネーム系じゃない方型

  • 1988(S63).12.2開業

日本最北端の前駅である。札幌の、しかも東区という拍子抜けする最北端だが。改札を出て4番出口で地上に上がる。周辺はスーパーやファミレスなどが立ち並ぶ普通の街。出口のワンブロックとなりが東区役所で、一番手前の駐車場入り口までを測った。

区役所の建物は1977(S52)に竣工。駅から見て手前に東区民センター、奥に区役所が並んで建っている。東区は札幌市の東端に位置しており、人口は市内10区の中で2番目に多い。丘珠空港や、イサムノグチが設計したモエレ山公園、鉄道ファンにはたまらないJR北海道苗穂工場、開拓時代の建物でビールを味わえるサッポロビール園など、見どころも目白押しだ。さらに明治時代からいち早く玉ねぎ栽培が行われ、特に札幌黄という銘柄が有名。現在は病気などに強い他品種に押されているが、温めると甘みが出て美味しいらしい。庁舎前の時計台には、玉ねぎを模した黄金色の物体が掲げられている(写真右)。

それにしても通行人のみなさんは、誇るべき最北端民だということに早く気づいてほしい。そして、初めて東区役所前を測量した者(ロードメジャーを転がしただけ)として、宗谷岬から間宮海峡を指さす間宮林蔵のように、私の銅像を建ててほしい。外は寒いので改札の脇辺りでお願いします。

ご存知のとおり、札幌の地下鉄はタイヤで走行しているのだが、車体も他の地域より広い気がする。韓国や台湾の地下鉄くらいはあるんじゃないだろうか。冬のコートやダウンの着膨れを考慮した、のかもしれない。

参考文献 日本鉄道旅行地図帳・全国駅名事典・札幌市東区ホームページ